本文へスキップ

インフォメーション チーム医療CE研究会・東日本 セミナー予定

チーム医療CE研究会 インフォメーション

チーム医療CE研究会の各種インフォメーションを掲載しています。

チーム医療CE研究会・東日本主催 新春セミナー2024 循環器の知識を増やそう!

~カテーテル治療とその前後~

  • 毎年恒例となっております、新春セミナーを今年度も開催致します! 今回も循環器分野ではありますが、その中でもカテーテル治療とその前後に重きをおき、毎年好評をいただいております心電図についてや、治療中のイメージングデバイスについて、さらには病棟での看護についてやリハビリテーションといった多岐にわたる内容となっており、さらなる知識の深みへ一歩踏み出せる機会となっています。 CEの方以外でも大歓迎!カテ前・中・後のなかで普段とは違う視点を手に入れる機会となっています。 詳細やお申し込みは、ウェブサイト(peatix)からお願いいたします。 ぜひ皆様の参加をお待ちしております。

  • 定員:500名(定員になり次第申込締切)
  • 参加費:3,000円 
  • キャンセルについて:キャンセルは、開催1週間前の2024年1月27日までに手続きを開始した場合に可能です。返金に際して手数料がかかります。あらかじめご了承ください。
  • 申込期間:2023/12/20~
  • 開催日 :2024/2/4(日)
  • オンデマンド配信期間:2024/2/5~2024/2/14
  • 【本セミナーを受講するにあたっての注意事項】
    本セミナーはZOOMウェビナー形式のため、受講するにはインターネット環境が必要です。
  • テキストはPDF形式の資料をダウンロードしていただきます。
    1月28日にZOOMウェビナーのリンクアドレス、テキストのリンクを視聴ページに掲載いたします。
  • 【プログラム】
  • 10:00 11:30
    講演1.新春 絶対!心電図力 虚血性心疾患をやっつけろ
    大島医院院長/東京医大八王子医療センター循環器内科兼任講師 大島一太 先生
  • 11:40 12:40
    講演2.カテーテル治療後のリハビリテーション
    聖マリアンナ医科大学病院 リハビリテーション技術部 係員 坂井健太 先生
  • 13:40 14:40
    講演3.CEに付加価値を! 60分で再現性のあるImagingGuide
    愛友会 上尾中央総合病院 臨床工学科 呼吸循環係 主任 渡邉文武 先生
  • 14:50 15:50
    講演4.ナースのお仕事 病棟編~カテーテル術前・術後、そして患者様の未来のために~
    大和会 東大和病院 看護部 主任 須崎康弘 先生
  • 主催:チーム医療CE研究会東日本
    お問い合わせ :チーム医療CE研究会東日本事務局
  • 参加を申し込む (外部サイトpeatixに切り替わります。)

誰にでも良く分かる心電図(初級コース)

  • 患者監視システムの高度化、普及により心電図モニターは重症患者に関わる医療現場に不可欠なものとなっています。
    心電図モニターの判読は、医師、看護師、臨床工学技士、救急救命士など 、医療従事者にとって特殊な技術ではなく、日常的で必要な知識となっています。
    平成6年に始まった「誰にでも良くわかる心電図講習会」は、全国各地で好評を得て、今回で累計365回目 の開催となります。
    大好評の心電図セミナーにあなたも参加してみませんか。

  • ・目標: 心電図の基礎に始まり、心電図波形の意味についての理解をめざします。
  • ・主な内容: 心電図の基礎、波形の名称、刺激伝導系、心拍数、様々な調律、刺激伝導障害、異常興奮、補充収縮、心停止
  • ・所要時間: 休憩を含み8時間、1日コース
  • 講師:平手 裕市 先生 (中部大学 生命健康科学部 教授)
  • 開催日時:2024年1月 28日 (日 ) 9:00〜17:30(受付開始8:30)
  • 開催場所:東京慈恵会医科大学 1号館3階講堂(東京都港区西 新橋3丁目 19)
  • 参加資格・参加費:看護師、臨床工学技士 、理学療法士 、その他医療関連職者  6,000円
  • キャンセルポリシー:キャンセルは、2024年1月 21日 (日 )23:59までに手続きを開始した場合は可能です。返金に際して手数料がかかります。あらかじめご了承ください。
  • 主催:チーム医療CE研究会東日本
    お問い合わせ :チーム医療CE研究会東日本事務局
  • 参加を申し込む (外部サイトpeatixに切り替わります。)

チーム医療CE研究会 臨床セミナー2023
呼吸療法 -基礎から応用までスキルを高める- 3学会呼吸認定士 更新点数取得可能

    • 定員:600名(定員になり次第申込締切)
    • 参加費:8,000円 
    • キャンセルについて:キャンセルは、受講期間開始1週間前の1月24日までに手続きを開始した場合に可能です。返金に際して手数料がかかります。あらかじめご了承ください。
    • 申込期間:2023/10/18~2024/1/24 受講期間:2024/2/1~2024/2/29(オンデマンド形式)
    • 本セミナーは講義を2日間以上で全て受講することで3学会認定呼吸療法認定士の認定更新の単位(50点)・認定講習会の受講申し込み(12.5点)に必要な50点が取得できます。 ただし、1日ですべて受講すると点数は取得できません。
    • 【本セミナーを受講するにあたっての注意事項】 本セミナーは動画配信形式のため、受講するにはインターネット環境が必要です。 eラーニングの受講推奨環境は下記のテストページに掲載してあります。
    • 申し込み前に必ず、動作環境に問題ないことを確認してから受講の申し込みを行ってください。 https://www.openskyschool.jp/videodemo/videodemo_pc_ce.html
      テキストはPDF形式の資料をダウンロードしていただきます。 1月27日にオンデマンドの個人ページ、ID、パスワードを登録されたメールアドレスに送信いたします。 ご確認いただきまして受信していない場合、お手数ですがメッセージからご連絡ください。再送いたします。
    • 受講証明書は全ての講義を2日以上にわたり受講することで発行されます(1日ですべて受講すると点数を取得できません。)未受講のままeラーニング受講期間が過ぎてしまうと、受講終了証は発行できませんのでご承知おきください。
    • また、受講証明証は各自で印刷する形式となっておりますので、プリンターがご使用できる環境であるか確認してください。 申込時の記載に虚偽があった場合や、申込者と受講者が異なるなどの不正行為を行った場合は、受講した資格は無効となります。
    • 【プログラム】
    • 1.SAT/SBTの基礎と応用
        藤田医科大学病院 集中ケア 河合佑亮 先生
    • 2.血液ガスの基礎と応用
        神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 瀬尾龍太郎 先生
    • 3.呼吸に関する画像のスキル
        藤田医科大学病院  NP、診療放射線技師 廣末美幸 先生
    • 4.最新の人工呼吸器マネジメント EITについて
        大阪大学大学院医学系研究科 麻酔・集中治療医学 吉田健史 先生
    • 5.フィジカルアセスメントのスキルを高める
        札幌医科大学附属病院 看護部 春名純平 先生
    • 6.グラフィック波形の基礎と応用
        公立陶生病院 臨床工学室 小山昌利 先生
    • 7.ネーザルハイフローとNPPVを使い分けるポイント
        福岡東医療センター 呼吸器内科 山下崇史 先生
    • 8.人工呼吸器装着下のリハビリテーション(急性期、慢性期)
        神戸大学大学院 保健学研究科 沖侑太郎 先生
    • 9.鎮静鎮痛の基礎と応用
        聖マリアンナ医科大学病院 薬剤部 前田幹広 先生
    • 10.栄養管理
        京都大学大学院医学研究科 侵襲反応制御医学講座 麻酔科学分野 江木盛時 先生
    参加を申し込む (外部サイトpeatixに切り替わります。)

    フレッシュマンセミナー2023
    〜フレッシュ講師がお届けする、新人向けフレッシュマンセミナー〜

    • 開催概要

    • 開催日:7月16日(日) 開催時間:13:00〜17:00

    • 開催場所:マッシュアップスタジオ(〒113-0034 東京都文京区湯島 2-21-25 SKY ビル)

    • 参加費:2,000円

    • 募集人数:40名

    • プログラム

    • 1.13:00-13:10 イントロダクション

    • 2.13:10−13:30(20分)<ミニレクチャー1>伝え方、伝わり方について

      • 〜自分の伝えたいことは何であり、どのように伝えたらうまく伝えられるかを明確化していきましょう~
        東京慈恵会医科大学附属病院 臨床工学部 茅根怜央 先生(4年目)

    • <臨床>

    • 3.13:40-15:00(80分)【呼吸関連】ここから学ぶ人工呼吸器のポイント

      • ~アルファベットの略語、機器によって違う用語、アシストコントロール(A/C)とSIMVのモードの違いなど、よくわからないまま人工呼吸器を使っていませんか?
        このセッションでは、人工呼吸器の目的や基本動作、必須用語を整理し、最終的には代表的なモードの動き方が説明できるようになることを目標としています~
        済生会横浜市東部病院 臨床工学部 宍戸敦 先生(5年目)

    • 4.15:10-16:30(80分)【循環関連】透視画像で見る冠動脈のポイント

      • ~冠動脈の番号を覚えても、臨床で透視画像見たとき何番なのか迷うことありませんか?~
        東大和病院 臨床工学室 平本紗彩 先生(2年目)

    • 5.16:40-17:00(20分)<ミニレクチャー2>

      • 実臨床で使える情報の集め方
        ~日頃臨床で使用する知識をアップデートし、正しく使うための方法についてご説明します。~
        東京慈恵会医科大学附属病院 臨床工学部 渡辺弦輝 先生(8年目)

    • 参加を申し込む (外部サイトpeatixに切り替わります。)


    チーム医療CE研究会主催 医療機器管理システムを探求しよう

    • 医療機器管理システムをもっと効率的に導入する方法はないか?  そんな疑問を抱いたことはありませんか?  私たちが主催するプレゼン大会では、医療機器管理システムの企業様をお招きし、最新の情報や事例をご紹介します。また、参加者の皆様には、自施設に合ったシステムを見つけるためのアドバイスもご提供いたします。  貴重な時間を節約し、効果的な医療機器管理システムの導入につながる情報を手に入れましょう。ぜひ、この機会をお見逃しなく。  詳細やお申し込みは、ウェブサイト(peatix)からお願いいたします。皆様のご参加をお待ちしております。

    • 【開催概要 】

    • 開催日:2023年5月20日(土)14:00~16:00

    • 盛況裡に終了しました。ありがとうございました。

    • 開催形式:WEB(ZOOMウェビナー)

    • 参加対象者:医療従事者に限ります。

    • 参加費:無料(peatix登録 ※参加費無料は手数料無料です。)

    • 参加人数:500名

    • 参加企業(予定):

    • PC(サーバー)型:アルカディア・システムズ株式会社「CEIA」、フクダ電子株式会社「MARIS」、株式会社メッツ「Me-ARC」、株式会社ムトウテクノス「HOSMA」
      SaaS 型:HITOTSU株式会社「HITOTSU」、株式会社ペダルノート「フォリスタ セキュア アセット」 開催後2週間オンデマンドあり

    • 参加を申し込む (外部サイトpeatixに切り替わります。)

    • セミナー終了後に録画講演のオンデマンド配信を2週間行います。


    チーム医療CE研究会東日本主催 新春セミナー2023 不整脈の「わかる」を増やそう

    • 開催日:2023年1月22日(日)9:30~(入場:9:15)

    • 盛況裡に終了しました。ありがとうございました。

    • 会場:WEB開催(ZOOMウェビナー使用)

    • 定員:500名

    • 参加費:一般 3,000円、学生 500円

    • 参加を申し込む (外部サイトpeatixに切り替わります。)

    • 【プログラム】

    • 9:30~11:00 12誘導心電図の読み方・活かし方-臨床に潜む落とし穴を判読する-
      大島医院院長/東京医大八王子医療センター循環器内科兼任講師 大島 一太先生

    • 11:10~12:10 ICD、CRTって何ですか?
      メドトロニック 宇野 凌麻先生

    • 12:10 昼休憩

    • 13:10~14:10 ICD/CRT ADVANCE編 
      医療法人財団 明理会 イムス富士見総合病院 臨床工学科 副主任 根津 将夫先生

    • 14:20~15:50 心房細動治療の現在地
      東大和病院 循環器科 不整脈センター長 長瀬 宇彦先生

    • 16:00~17:00 合併症と急変に備えて
      東大和病院 看護部 主任 森澤 秀幸先生

    • セミナー終了後に録画講演のオンデマンド配信を3週間行います。

    チーム医療CE研究会 臨床セミナー2022 基礎のおさらいとアップデート Part2

    • チーム医療CE研究会 臨床セミナー2022 基礎のおさらいとアップデート Part2 -呼吸療法に必要なエッセンス-

    • 盛況裡に終了しました。ありがとうございました。

    • 定員:600名(定員になり次第申込締切)

    • 参加費:8,000円 

    • キャンセルについて:キャンセルは、受講期間開始1週間前の1月24日までに手続きを開始した場合に可能です。返金に際して手数料がかかります。あらかじめご了承ください。

    • 申込期間:2022/10/12~2023/1/24

    • 受講期間:2023/2/1~2023/2/28(オンデマンド形式)

    • 本セミナーは講義を2日間以上で全て受講することで3学会認定呼吸療法認定士の認定更新の単位(50点)
      ・認定講習会の受講申し込み(12.5点)に必要な50点が取得できます。
      1日ですべて受講すると点数は取得できません。

    • 【本セミナーを受講するにあたっての注意事項】 本セミナーは動画配信形式のため、受講するにはインターネット環境が必要です。 eラーニングの受講推奨環境は下記のテストページに掲載してあります。申し込み前に必ず、動作環境に問題ないことを確認してから受講の申し込みを行ってください。 https://www.openskyschool.jp/videodemo/videodemo_pc_ce.html (外部サイトに切り替わります。)

    • テキストはPDF形式の資料をダウンロードしていただきます。

    • 受講証明書は全ての講義を2日以上にわたり受講することで発行されます(1日ですべて受講すると点数を取得できません。)

    • 未受講のままeラーニング受講期間が過ぎてしまうと、受講終了証は発行できませんのでご承知おきください。

    • また、受講証明証は各自で印刷する形式となっておりますので、プリンターがご使用できる環境であるか確認してください。

    • 申込時の記載に虚偽があった場合や、申込者と受講者が異なるなどの不正行為を行った場合は、受講した資格は無効となります。

    • 参加を申し込む (外部サイトpeatixに切り替わります。)

    • 【プログラム】

    • 1. EITによる呼吸管理
        島根大学 集中治療部 庄野 敦子 先生

    • 2. 人工呼吸器離脱プロトコル
        昭和大学江東豊洲病院 臨床工学室 神崎 俊治 先生

    • 3. 呼吸療法に必要な検査値の見方ー血液ガスを中心にー
        藤田医科大学 保健衛生学部 看護学科 講師 酒井 博崇 先生

    • 4. 胸部レントゲン・CTの見方
        日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院 鈴木 博貴 先生

    • 5. 在宅COVID-19対応の実践と呼吸管理のポイント
        葛西医院 院長/KISA2隊大阪 小林 正宜 先生

    • 6. 経肺圧と横隔膜刺激電位
        奈良県立医科大学 麻酔科学教室 講師 内藤 祐介 先生

    • 7. 呼吸療法に必要なフィジカルアセスメント
        札幌医科大学附属病院 看護部 春名 純平 先生

    • 8. 呼吸療法に必要な薬剤ー鎮静鎮痛を中心にー
        北播磨総合医療センター 呼吸器内科主任医長 松本 正孝 先生

    • 9. 急性期の呼吸リハビリテーション
        長崎大学病院 リハビリテーション部 及川 真人 先生

    • 10. 急性期における体位管理(口腔ケアと誤嚥予防を含む)
        済生会福岡総合病院 看護部 三山 真弓 先生 


    チーム医療CE研究会東日本 フレッシュマンセミナー2022 

    • チーム医療C E研究会・東日本主催 フレッシュマンセミナ―新人を脱するためのクリティカル・シンキング
      ~透析患者と人工呼吸器装着患者の症例から考える~

    • 盛況裡に終了しました。ありがとうございました。

    • 業務に慣れてくると、思いもよらぬ落とし穴に陥ることがあります。そんなとき皆さんを一回り大きく成長させる考え方が、クリティカル・シンキングです。
      クリティカル・シンキングとは、「物事や情報を無批判に受け入れるのではなく、多様な角度から検討し、論理的・客観的に理解すること」と言われています。
      皆さんは、これまで教えられたことを必死で習得し、早く一人前になりたいと考えて、業務に励んできたと思います。しかし、一人前になるためには、日頃から当たり前と思っていることや、当たり前に行っている業務を「本当にそれって正しいの?」と考えていけるようにならなければなりません。
      “これが本当に、ベストなのか?”を、自身の中で“疑問に思い・気づく”、そんなふうにアンテナが張れるようになっていただければと思います。このセミナー(ワークショップ)では、症例を通して、クリティカル・シンキングを学びます。一皮むけるために、あなたの思考をアップグレードしていきましょう!!

    • 開催日:2022年12月4日(日) 13:00 - 17:30

    • 開催方式:現地参加+オンデマンド配信

    • 会場: マッシュアップスタジオ 文京区湯島2丁目21−25 Googleマップ

    • 定員:現地参加+オンデマンド配信:30名、 オンデマンド配信のみ:30名

    • 参加費: 現地参加+オンデマンド配信:3,000円、オンデマンド配信のみ:1,000円 

    • キャンセルについて:キャンセルは、受講期間開始1週間前の2022年11月27日までに手続きを開始した場合に可能です。返金に際して手数料がかかります。あらかじめご了承ください。

    • 受付期間:2022/09/17~2022/11/27

    • テキストはPDF形式の資料をダウンロードしていただきます。

    • 参加を申し込む (外部サイトpeatixに切り替わります。)

    • 【プログラム】

    • イントロダクション 13:00-13:50 (50分)

    • テーマ1:症例で実践するクリティカル・シンキング 〜透析患者編〜 14:00-15:30(90分)
      東京慈恵会医科大学附属病院 臨床工学部 渡邊弦輝 先生 

    • テーマ2:症例で実践するクリティカル・シンキング 〜人工呼吸器装着患者編〜 15:45-17:15 (90分)
      日産厚生会玉川病院 臨床工学科 相良文 先生

    • ラップアップ 17:15〜17:30(15分)


    チーム医療CE研究会東日本 新春セミナー2022 循環器の苦手を洗い流そう

    • チーム医療C E研究会・東日本主催新春セミナ―2022 循環器の苦手を洗い流そう

    • 盛況裡に終了しました。ありがとうございました。

    • 開催日:2022年2月13日(日) WEB開催(オンデマンド配信あり)

    • 定員:500名(定員になり次第申込締切)

    • 参加費: 一般 3,000円、学生 500円 

    • キャンセルについて:キャンセルは、受講期間開始1週間前の2022年2月9日までに手続きを開始した場合に可能です。返金に際して手数料がかかります。あらかじめご了承ください。

    • 受付期間:2021/12/14~2022/2/9

    • 【本セミナーを受講するにあたっての注意事項】 本セミナーはZOOMウェビナー形式のため、受講するにはインターネット環境が必要です。

    • テキストはPDF形式の資料をダウンロードしていただきます。

    • 参加を申し込む (外部サイトpeatixに切り替わります。)

    • 【プログラム】

    • 9:45 開会の言葉

    • 9:50~11:20 見逃し注意!モニター心電図で判別できない心電図異常の読み方
      大島医院院長/東京医大八王子医療センター循環器内科兼任講師 大島 一太 先生

    • 11:30~12:40 予定:CT画像をME・Nsが活かす方法(循環器領域)
      医療法人社団康幸会 かわぐち心臓呼吸器病院 放射線科 主任 竹本 直哉 先生

    • 12:40~13:40 昼休憩 & 大病院入った新人技士で討論するばい! 新人技士たちが、ここぞとぶっちゃっけ発言!? 座長にも注目!?

    • 13:40~14:40 病棟看護師が教える!心不全の病態管理について 日本医科大学多摩永山病院 看護師 湯田 将 先生

    • 14:50~15:50 いろはに補助循環 医療法人社団 愛友会 上尾中央総合病院 臨床工学科 呼吸循環係 遠藤 拓馬 先生

    • 15:55 閉会の挨拶

    • (ポスター PDF)


    チーム医療CE研究会主催 チーム医療CE研究会 臨床セミナー2021オンデマンドセミナー

    • チーム医療CE研究会 臨床セミナー2021 呼吸療法 基礎のおさらいとアップデート 
      3学会呼吸認定士 更新点数取得可能

    • 盛況裡に終了しました。ありがとうございました。

    • 定員:500名(定員になり次第申込締切)

    • 参加費:8,000円 

    • キャンセルについて:キャンセルは、受講期間開始1週間前の2022年1月24日までに手続きを開始した場合に可能です。返金に際して手数料がかかります。あらかじめご了承ください。

    • 申込期間:2021/10/12~2022/1/24

    • 受講期間:2022/2/1~2022/2/28(オンデマンド形式)

    • 本セミナーは講義を2日間以上にわたり全て受講することで3学会認定呼吸療法認定士の認定更新の単位(50点)・認定講習会の受講申し込み(12.5点)に必要な50点が取得できます。1日ですべて受講すると点数は取得できません。

    • 【本セミナーを受講するにあたっての注意事項】 本セミナーは動画配信形式のため、受講するにはインターネット環境が必要です。 eラーニングの受講推奨環境は下記のテストページに掲載してあります。申し込み前に必ず、動作環境に問題ないことを確認してから受講の申し込みを行ってください。

    • eラーニングの受講環境の確認 (外部サイト配信サイトに切り替わります)

    • テキストはPDF形式の資料をダウンロードしていただきます。

    • 受講証明書は全ての講義を2日以上にわたり受講することで発行されます(1日ですべて受講すると点数を取得できません。)未受講のままeラーニング受講期間が過ぎてしまうと、受講終了証は発行できませんのでご承知おきください。

    • また、受講証明証は各自で印刷する形式となっておりますので、プリンターがご使用できる環境であるか確認してください。

    • 申込時の記載に虚偽があった場合や、申込者と受講者が異なるなどの不正行為を行った場合は、受講した資格は無効となります。

    • 参加を申し込む (外部サイトpeatixに切り替わります。)

    • 【プログラム】

    • 1. 呼吸ケアスタッフの人材育成に挑む ~基礎のおさらいとアップデートのために必要な学習能力を考える~
        済生会横浜市東部病院 臨床工学部 山田 紀昭 先生
      2. 加温加湿の考え方   
        東京都立 多摩総合医療センター 臨床工学室 曽根 玲司那 先生
      3. 呼吸のフィジカルアセスメント COVID19拡大のなか努力性呼吸を考えてみる
        神戸百年記念病院 麻酔科部長・手術部長 尾崎 孝平 先生
      4. 重症呼吸不全患者のリハビリテーション   
        豊橋創造大学保健医療学部理学療法学科 教授 飯田 有輝 先生
      5. 鎮痛鎮静管理の基本をおさらいしよう   
        小牧市民病院 集中治療室 看護師主任 札場 純次 先生
      6. なるほど!血液ガスデータのミカタ   
        公立陶生病院 集中治療室 看護師長 濱本 実也 先生
      7. 胸部レントゲン、胸部CTの読み方
        奈良県立医科大学付属病院 呼吸器内科 藤田 幸男 先生
      8. 人工呼吸管理のミニマムエッセンス~モードを正しく理解すればグラフィックは難しくない~
        飯塚病院 集中治療科 川上 大裕 先生
      9. 慢性期呼吸リハビリテーションの現状と未来   
        医療法人 恵友会 霧ヶ丘つだ病院 理学療法士 池内 智之 先生
      10. 呼吸療法に必要なケア   
        久留米大学病院 クティカルケア認定看護師 杉島 寛 先生


    チーム医療CE研究会東日本主催 2021年フレッシュマンセミナー WEB開催

    • 若手医療者必見! これで君も医療機器マスター!~急性期編~
      盛況裡に終了しました。ありがとうございました。

    • セミナー中のQ&Aはこちらです。

    • 開催日時:2021年9月12日(日) 9:00開始

    • 開催方式:Webセミナー ※Zoom ウェビナー開催、カメラならびに、マイク機能オフでご視聴のみ。

    • 定員:100人 ※定員になり次第申込みを締切ります。

    • 会場:Webオンライン会場(ZOOM使用) 

    • 参加費:2,000円(Peatixを使用します。コンビニ/ATM支払いは別途手数料が掛かります。)

    • 申し込みURL: http://ptix.at/kpOwLo

    • QRコード:

    • ※本セミナーは、3学会合同呼吸療法認定士のポイントを取得できません。

    • 【プログラム】
      9:00-9:40  講演1 「アセスメントに活かすベッドモニタの読み方ー数値の意味を理解しようー」
      藤田医科大学保健衛生学部講師 診療 看護師(NP)  酒井 博崇 先生

      9:50-10:30  講演2 「症例から見るHFNC&NPPV(仮)」
      済生会横浜市東部病院 臨床工学部 野口 恭平 先生

      10:40-11:20  講演3 「苦手意識もこれで克服!人工呼吸器のいろは(仮)」
      社会福祉法人恩賜財団 済生会熊本病院 救命救急HCU主任 兼 特定行為研修管理室室員 増田 博紀 先生

      11:30-12:10  講演4 「分かる!出来る!補助循環の導入から離脱まで(仮)」
      日本大学病院 臨床工学室 主任 山中 光昭 先生

      12:20-13:00  講演5 「基礎から学ぶ、集中治療の透析とは」
      東京慈恵会医科大学 附属病院 臨床工学部 渡辺 弦輝 先生

    • ・本セミナーはWEBセミナー形式のため、受講するにはインターネット環境と「ZOOM」 アプリのダウンロードが必要となります。申し込み前に必ず、動作環境に問題ないことを確認してから受講の申し込みを行ってください。
      ・キャンセル:2021/9/10までにキャンセル手続きを開始した場合に可能です。返金手数料がかかりますので予めご了承ください。
      ・セミナー終了後、1週間セミナー動画を配信します。
      ・9月1日までにpeatix内の「イベント参加者へお知らせ」にwebセミナーの配信URL、テキストのダウンロードリンクを掲載します。
      ・セミナー終了後、peatix内の「イベント参加者へお知らせ」に見逃し配信のURLを掲載します。


    チーム医療CE研究会東日本主催 新春セミナー2021年

    • チーム医療CE研究会・東日本主催 新春セミナー2021年 プロフェッショナルを覗こう
      ~循環器のプロに聞く、気になるあれこれ~
      盛況裡に終了しました。ありがとうございました。

    • 金澤先生へ頂いた質問
      「整形外科の患者さん、クロピドグレルは何日休薬が必要ですか?」

      金澤先生の回答
      ご質問のクロピドグレルの術前休薬に関してですが、休薬期間は手術の出血リスクの程度によっても変わってきますが、
      ●クロピドグレルは添付文書に「本剤による血小板凝集抑制が問題となるような手術の場合 には、14日以上前に投与を中止することが望ましい。」との記載があります。
      ●冠動脈疾患患者における抗血栓療法ガイドライン(日本循環器学会)においては「待機的な非心臓手術を受ける患者では,血栓リスクが高くなければ術前の P2Y12 受容体拮抗薬の休薬が望まれる。クロピドグレルでは遅くとも 5 日前からの休薬が考慮される」との記載があります。
      ●周術期の血栓リスクについて休薬可能な状態か循環器医に確認が必要です。

    • 開催日:2021年3月7日(日)

    • 開催方式:Webセミナー ※Zoom ウェビナー開催、カメラならびに、マイク機能オフでご視聴のみ。

    • 定員:500人 ※定員になり次第申込みを締切ります。

    • 参加費:3,000円(Peatixを使用します。コンビニ/ATM支払いは別途手数料が掛かります。)

    • キャンセル:2021/2/28までにキャンセル手続きを開始した場合に可能です。返金手数料がかかりますので予めご了承ください。

    • ・本セミナーはWEBセミナー形式のため、受講するにはインターネット環境とZOOMアプリのダウンロードが必要となります。あらかじめご了承ください。

    • ・セミナー終了後、1週間見逃し配信します。
      ※講演3基礎から学ぶ!ペースメーカとは?につきまして講師の社内規定によりセミナー終了後の配信ができなくなりました。あらかじめご了承ください。

    • ・3月1日までにpeatix内の「イベント参加者へお知らせ」にwebセミナーの配信URL、テキストのダウンロード、見逃し配信のURLを掲載します。

    • 主催:チーム医療CE研究会・東日本

    • Program

      ~Morning Session~

    • 10:00~11:00 薬剤師から学ぶ、循環器の薬         
      国立国際医療研究センター国府台病院 薬剤部   金澤 尚子 先生

    • 11:10~12:30 循環器診療の理解を深める(仮)         
      社会医療法人財団大和会東大和病院 循環器科   田中 貴久 先生

    • ~Afternoon Session~

    • 13:30~14:30 基礎から学ぶ!ペースメーカとは?         
      日本メドトロニック株式会社           宇野 凌麻 先生

    • 14:40~15:40 ナースのお仕事(救急、カテ室編)         
      社会医療法人財団大和会東大和病院 看護部    森澤 秀幸 先生

    • 15:50~16:50 のぞいてみよう放射線技師のあたまの中         
      医療法人社団愛友会上尾中央総合病院放射線技術科  井田  篤  先生


    チーム医療CE研究会東日本主催 第95回 チーム医療CE研究会・東日本主催 臨床セミナー なぜ、時代は変わっても呼吸療法の根源は変わらな

    • 盛況裡に終了しました。ありがとうございました。
      定員:700名(定員になり次第申込締切)

    • 講義の質問と回答

    • 大塚先生
      質問
      臨床で時々見かける現象について質問させてください。
      酸素マスク、7から8リットル投与中、spo2.94.95%の方が、口腔ケアのために一 時的にカヌラにして酸素を下げると、マスクの時よりも酸素化が良くなることが 時々あります。 その後、カヌラで酸素テーパリング行っても酸素化不良とはならず、4リットル くらいまで下げても大丈夫だったということがありました。 投与方法の問題だったのか、患者自身の問題なのか、どういった原理でこのよ うなことが起きるのか教えていただけたらと思い質問させていただきます。
      基礎疾患は特になく、心不全での入院でした。 よろしくお願いいたします。

      回答
      マスクとカニューラの違いは、マスク内容量の死腔付加の有無とカニューラによる鼻腔内死腔洗い出しの効果の有無です。もし、両者のデバイス使用時でPaCO2に差がないのなら、一般に死腔付加が多いほど酸素化は良くなる傾向があるので、今回のケースは逆の状況といえます。マスクの密着度など装着状態が悪く、経鼻カニューラ4L/min 程度の吸入酸素濃度だったということではないでしょうか。

    • 小山先生
      ECMOについての質問です。5年に1回VAECMOが施行される程度の病院に勤めるCEをしております。また、ECMO装置には圧測定部がありません。

      質問1 
      VV ECMOでは高二酸化炭素血症の場合、酸素流量を上げる事で二酸化炭素 を下げる事を実施するのでしょうか?酸素1L100%1000回転でスタートし、3000回 転にしたら3Lなどにするのでしょうか?また、VAECMOでも高二酸化炭素血症に 対してECMOで対応するのでしょうか?
      <回答>
      酸素流量(SweepGAS)を上げることで二酸化炭素を下げることを実施します。
      また設定は回転数ではなく血液流量に合わせてSweepGasも上げていくことが多いですね。(例:流量3L/min Gas3L/min)
      調節は血液ガスを確認しながら行っていきます。
      VAECMOでもECMO側でも調節しますが自己が出てきた場合は人工呼吸器も併用しながら調節します。


      質問2 
      VAECMOの導入で誤って送血用カニューレを静脈に挿入してしまった場合、 どのように対応したら良いでしょうか?そのようなことは起こり得るのでしょう か?
      <回答>
      起こりえますので、挿入しないことと挿入後の確認が重要ですね。


      質問3 ECMOで二酸化炭素排出について調べていると、ECCO2Rと言う言葉が出て きました。VV ECMOとECCO2Rとはどのような違いがあるのでしょうか?
      講義内容を逸脱した質問かも知れませんが、ご回答頂ければ幸いです。 臨床経験に乏しく実際の臨床について日々様々な疑問が解消されず不安です。 気軽に質問できる場所が設置されることを願います。宜しくお願い致します。
      <回答>
      酸素を目的に行うか、二酸化炭素除去を目的に行うかの違いになります。
      デバイスとしては大きく異なりませんが流量やSweepGASなど設定が少し違ってきますね。

    • 参加費:10,000円 

    • キャンセルについて:キャンセルは、受講期間開始1週間前の11月9日までに手続きを開始した場合に可能です。返金に際して手数料がかかります。あらかじめご了承ください。

    • 申込期間:2020/09/01~2020/11/30

    • 受講期間:2020/11/15~2020/12/14(オンデマンド形式)

    • 本セミナーは講義を全て受講することで3学会認定呼吸療法認定士の認定更新の単位(50点)・認定講習会の受講申し込み(12.5点)に必要な50点が取得できます。

    • 【本セミナーを受講するにあたっての注意事項】 本セミナーは動画配信形式のため、受講するにはインターネット環境が必要です。

    • eラーニングの受講環境の確認

    • 申し込みから受講までの流れ
      1.下記の申し込みボタンから外部サイトpeatixに移動して申し込む
      2.お支払い完了後、4営業日以内にテキストと配信用URL、ID、パスワードを同封しレターパックで発送します。
      3.11月15日以降配信開始
      4.12月14日までにすべての講義を視聴する。
      5.すべての講義を視聴すると修了証を発行できる。
      6.修了証を印刷する。

    • 受講証明書は全ての講義を受講することで発行されます。未受講のままeラーニング受講期間が過ぎてしまうと、受講終了証は発行できませんのでご承知おきください。

    • また、受講証明証は各自で印刷する形式となっておりますので、プリンターがご使用できる環境であるか確認してください。

    • 申込時の記載に虚偽があった場合や、申込者と受講者が異なるなどの不正行為を行った場合は、受講した資格は無効となります。

    • 申し込み(外部サイトpeatixに移動します。)

    • Program

    • [講演1] 胸部画像読影・基礎編
      獨協医科大学埼玉医療センター 集中治療科 学内教授 長谷川 隆一 先生

    • [講演2] V-V ECMOってなに?~基礎から学ぶ臨床で役立つポイント~
      公立陶生病院 臨床工学部 小山 昌利 先生

    • [講演3] グラフィックモニタをよみとき、自信を持った呼吸器設定を!
      東京慈恵会医科大学附属病院 臨床工学部 井上 愛 先生

    • [講演4] 早期離床
      亀田総合病院 リハビリテーション事業管理部 教育担当室長 鵜澤 吉宏 先生

    • [講演5] 酸素療法
      横浜市立大学附属市民総合医療センター 集中治療部長 大塚 将秀 先生

    • [講演6] これを聞けばちゃんと患者さんに説明できるようになる!呼吸に関連した栄養管理
      藤田医科大学保健衛生学部 臨床看護研修センター 診療看護師(NP)酒井 博崇 先生

    • [講演7] ICU退室後、患者はどうなっているの?~身体・鎮静・認知~
      東海大学医学部付属八王子病院 看護部  集中ケア認定看護師 剱持 雄二 先生


    2020年度フレッシュマンセミナー-呼吸ケアを理解しよう -患者のために今できること-

    • 2020年度フレッシュマンセミナー 呼吸ケアを理解しよう -患者のために今できること-
      盛況裡に終了しました。ありがとうございました。

    • 日時:10/11(日) 13:00 開始

    • 申込受付:9/1(火)開始 会場:Webオンライン会場(ZOOM使用) 

    • 参加費:2,000円

    • キャンセル:2020/10/05までにキャンセル手続きを開始した場合に可能となります。返金手数料がかかりますので予めご了承ください。

    • 日時:10/11() 13:00 開始
      申込受付:9/1()開始
      開催方式:Webセミナー(ZOOM使用) 
      参加費:2,000円(Peatixを使用します。コンビニ/ATM支払いは別途手数料が掛かります。)
      キャンセル:2020/10/05までにキャンセル手続きを開始した場合に可能です。返金手数料がかかりますので予めご了承ください。
      ・本セミナーは動画配信形式のため、受講するにはインターネット環境と「ZOOM」アプリのダウンロードが必要となります。あらかじめご了承ください。
      3学会呼吸療法認定士の点数はつきません。

    • 申し込み(外部サイトpeatixに移動します。)

    • 【プログラム】

    • 13:00-13:40 講演1
      「呼吸ケアに必要な生理学」 東大和病院 看護部 集中ケア認定看護師 小泉 裕美 先生

    • 13:50-14:30 講演2
      「呼吸ケアに必要なアセスメント」 JAとりで総合医療センター 看護部集中ケア認定看護師 鎮目 祐子 先生

    • 14:40-15:20 講演3
      「呼吸ケアに必要な胸部画像の見方」 昭和大学病院 放射線技術部 係長 本寺 哲一 先生

    • 15:30-16:10 講演4
      「人工呼吸器の構造とモニタリング」東大和病院 臨床工学科 技士長 梶原 吉春 先生

    • 16:20-17:00 講演5
      「人工呼吸器の導入からウィーニングまで」 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター臨床工学部 主任 奥田晃久 先生


    【重要なお知らせ】 2020 年度チームCE研究会東日本総会および役員変更のお知らせ


    残炎の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
    さて、2020年6月19日に2020年度チームCE研究会東日本総会および役員変更が行われました。
    つきましては、今後とも役員一同活動に奨励いたしますので、一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
    敬具

    2020年7月吉日
    チーム医療CE研究会東日本 会長  梶原吉春

    今年度はコロナ禍に対応し、e-ラーニングやWEBセミナーの企画を準備しております。
    役員一覧
    2019年度事業報告、2020年度計画

    [重要】3学会合同呼吸療法認定士認定委員会からの緊急メッセージ

    学会・講習会等中止に係る点数の取扱いについて特別措置の案内が公開されています。 https://www.jaame.or.jp/koushuu/kokyu/k_index.html
    当会の第91回臨床セミナは特別措置1に該当いたします。
    参加申し込み及び振込み済みの参加予定者が対象です。
    別途案内をメールで送付いたします。
    3月8日までに件名「第91回臨床セミナ 3学会合同呼吸療法認定士の更新、新規点数取得について」メールを受信していない方は事務局までメールでご連絡ください。



    [重要】第91回臨床セミナ開催中止のお知らせ(2020年2月23日現在)

    第91回臨床セミナ開催を中止いたします。
    新型コロナウイルスにつきまして、潜伏期間が長いこと、無症候性キャリアの伝搬、現時点で有効な薬剤がないことから感染拡大が懸念されています。
    厚生労働省も感染拡大の予防策として、人混みを避け、不要不急の行動や集まりを自粛することを注意喚起しております。
    臨床セミナーが感染拡大の一端を担うことは避けなければならないことから急遽中止することといたしました。
    ご参加を予定されている皆様には多大なるご迷惑をおかけすることとなりましたことを深くお詫び申し上げます。
    事態の緊急性につきましてご理解いただき、ご協力の程よろしくお願いいたします。
    また、緊急性の高い事由の中止となりますので、参加費をお支払いの方には銀行振込による返金をいたします。
    準備が整い次第申し込まれたメール、HP等でご案内いたします。

    チーム医療CE研究会東日本
    会 長   梶原 吉春
    実行委員長 石高 拓也

    チーム医療CE研究会 臨床セミナー
    総 会 長  石井宣大


    インフォメーション チーム医療CE研究会・東日本セミナー

    チーム医療CE研究会・東日本主催 新春セミナー2020循環器苦手克服支援隊

    ~患者のために、私のために~

    盛況裡に終了しました。ありがとうございました。

    • 【開催日】:2020年2月23日(日) -
      【会 場】:日本光電工業株式会社 フェニックス・アカデミー(日本光電HPのリンク
      【参加費】:チーム医療CE研究会東日本正会員 5,000円、一般 6,000円、旧チーム医療CE研究会東日本会員 4,000円
      【募集人数】:100名

    • 【プログラム】
      受付9:00
      9: 30~10:50 ~みんなが知らない~12誘導心電図の一歩詳しい読み方
      大島医院院長/ 東京医大八王子医療センター循環器内科兼任講師大島一太先生
      11:00~12:00 カテ室のあれこれ!?
      (社財)大和会東大和病院救急外来・放射線科主任看護師森澤秀幸先生
      12:00~13:00 昼休み
      13:00~14:20 地域完結型心房細動マネジメント
      日本心臓血圧研究振興会付属榊原記念病院循環器内科医長長瀬宇彦先生
      14:30~15:50 どう行う?循環器系のフィジカルアセスメント
      杏林大学医学部付属看護学校非常勤講師集中ケア認定看護師尾野敏明先生
      16:00~17:00 ペースメーカ~病棟で起こるトラブル対応~ 日本光電工業株式会社 調整中

    • 【申込方法】
      1.参加者1名につきチーム医療CE 研究会東日本ホームページ(https://tmce.info/)から 申し込みください。(電話・FAX・はがきによる受付はいたしません。)
      注意:自動返信メールは、「mail@tmce.info」から送信します。「mail@tmce.info」を受信できるよう設定の確認をお願い致します。受講の可否について連絡が出来ない場合があります。 ※au携帯(@ezweb.ne.jp)は受信できない場合が多いのでご遠慮ください。yahooやgmailは受信できます。
      2.自動返信メールにて参加費の振り込み先をご連絡いたします。
      3.振り込み完了時点で申し込みが完了となります。

    • 申込む

    案内PDF

    インフォメーション チーム医療CE研究会・東日本 心電図初級セミナー

    「誰にでも良く分かる心電図」(初級コース)

    盛況裡に終了しました。ありがとうございました。

    • 【開催日】2020年2月9日(日) 9:30-17:30(受付9:00)
      【場 所】東京慈恵大医科大学 1号館 3階講堂(東京都港区西新橋3丁目19)
      【講 師】平手 裕市 先生(中部大学 生命健康科学部 教授)

    • 患者監視システムの高度化、普及により心電図モニターは重症患者に関わる医療現場に不可欠なものとなっています。
      心電図モニターの判読は、医師、看護師、臨床工学技士、救急救命士など、医療従事者にとって特殊な技術ではなく、日常的で必要な知識となっています。
      平成 6 年に始まった「誰にでも良くわかる心電図講習会」は、好評を得て、全国 24 都道府県で累計 300回開催、6万人が受講しております。大好評の心電図セミナーにあなたも参加してみませんか。

    • ■目  標  : 心電図の基礎に始まり、心電図波形の意味についての理解を めざします。
      ■主な内容 : 心電図の基礎、波形の名称、刺激伝導系、心拍数、様々な調律、 刺激伝導障害、異常興奮、補充収縮、心停止 
      ■所要時間 : 休憩を含み8時間、1日コース
      【参 加 資 格】 医療従事者
      【参 加 費】  正会員5,000円、 一般6,000円、学生・旧会員4,000円
      【申 込 方 法】
      1.参加者1名につきチーム医療CE 研究会東日本ホームページ(https://tmce.info/)から 申し込みください。(電話・FAX・はがきによる受付はいたしません。)
      注意:自動返信メールは、「mail@tmce.info」から送信します。「mail@tmce.info」を受信できるよう設定の確認をお願い致します。受講の可否について連絡が出来ない場合があります。 ※au携帯(@ezweb.ne.jp)は受信できない場合が多いのでご遠慮ください。yahooやgmailは受信できます。
      2.自動返信メールにて参加費の振り込み先をご連絡いたします。
      3.振り込み完了時点で申し込みが完了となります。

    • 申込む

    インフォメーション チーム医療CE研究会・東日本 心電図初級セミナー

    「誰にでも良く分かる心電図」(初級コース) 

チーム医療CE研究会
東日本事務局
〒125-8506
東京都葛飾区青戸6-41-2
東京慈恵会医科大学
葛飾医療センター臨床工学部内
チーム医療CE研究会
東日本事務局
林 恭平
e-mail:mail@tmce.info